藤圭子と前川清の結婚と離婚!宇多田ヒカルの父照實と離婚もすごい!

【Sponsored Link】


藤圭子さんといえば、

若い方には宇多田ヒカルさんの母親として、

そして年配の方には、人気の演歌歌手として

現在、認知されていると思います。

 

しかし、藤圭子さんは前川清さんとの結婚歴があったり

ヒカルさんの父である宇多田照實さんとの

結婚と離婚があったりと、

とても奔放な生き方をしていたようです。

 

そのような藤圭子さんの生きざまについて

お伝えしていこうと思います。

【Sponsored Link】


 

藤圭子と前川清の結婚と離婚

藤圭子さんが前川清さんと結婚していたことは、

実はあまり知られていませんね。

 

前川清さんと結婚したのは、

1971年です。

 

おそらく結婚する前は

同じ演歌系の当時の人気歌手ということで

結婚したのだと思います。

 

また、前川清さんから歌唱法を

藤圭子さんが学んだというエピソードもあるようです。

 

そして、離婚したのが1972年という

今でいうスピード離婚というやつです。

 

離婚の原因は特にわかっておらず、

結構、饒舌なキャラで知られる、

前川清さんも、こと藤圭子さん のことになると、

言葉が重くなるようです。

 

まぁ、何があったのかは二人しかわかりませんし、

もう40年も前のことなので、

インターネット上にはあまり情報が残っていないようです。

 

 

藤圭子と宇多田ヒカルの関係

現在は歌手活動を休止している

宇多田ヒカルさんの実の母親は藤圭子さんです。

 

藤圭子さんは前川清さんと1972年に離婚した後、

なんと1979年12月に芸能界を突然引退しています。

 

その当時の引退公演では、

引退の理由を「歌うことに疲れました」と言い、

「二度と芸能界には戻りません」と告げ、

涙ながらにステージから去ったのでした。

 

 

その後、アメリカに渡り、

まずハワイ大学に留学をしたそうです。

 

そして、その後ニューヨークに渡り、

それまでのしがらみから解放された自由な生活を送っていたそうです。

 

しかし、その2年後の1981年になんと、

藤圭子さんは芸能界に復帰することになります!

 

復帰の理由は明言しなかったのですが

「お金に100%困らないといったら嘘になりますけど、

お金が目的でカムバックするのではありません」と

語っていました。

 

しかし、芸能界復帰後は、あまり順調とはいえず、

主演で主題歌も歌ったドラマ「新・海峡物語」が低視聴率を記録し、

打ち切りになり、案の定、レコードも売れなかったそうです。

 

そして、芸能活動があまり好調とは言えない状況で、

宇多田ヒカルさんの父親である、

宇多田照實さんとの同棲が発覚してしまいます。

 

その結果として、藤圭子さんと所属事務所との

関係が悪化し、藤さんから契約解除を通告し、

法廷問題にまで発展し、

結果として、藤さんの側に1800万の違約金支払いが

下されるということにもなりました。

 

事務所とはそれで縁が切れたのですが、

藤圭子さんは宇多田照實さんと1982年に結婚し、

長女の光さんを1983年に出産します。

 

その光さんこそが、

宇多田ヒカルさんです。

 

宇多田照實さんはヒカルさんの父親ですが、

面白い経歴の持ち主で、

出身は山口県なのですが、

ベトナム戦争に参加した経験もあるそうです。

 

また、16歳から渡米したそうで、

英語もぺらぺらなんだそうです。

 

しかも、現在は、裏方のプロデュース業をしていますが、

もともとはバリバリのミュージシャンで、

ドラムやギターなど複数の楽器をこなせるそうです。

 

そんな宇多田照實さんと藤圭子さんは

なんと6回も離婚しているというのもすごい事実です!

 

ということは、

前川清さんとの離婚が1回、

宇多田照實さんとの離婚が6回で、

計7回の離婚をしていることになります。

 

7回の離婚がすごいのか、

一人の男性と6回の離婚がすごいのか

ちょっとよくわかりませんが、

なかなか我々一般人にはわからない何かが

二人にはあったのかもしれませんね。


【Sponsored Link】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ