半沢直樹の動画とネタバレ3話!黒幕が明らかに!裁量臨店とは?

【Sponsored Link】


日曜劇場のドラマ「半沢直樹」の第3話の

あらすじとネタバレです。

半沢直樹 3話 黒幕

 

もしもまだ前の回を知らない方は、

こちらをご覧ください。

半沢直樹の第2話のネタバレ!5000万円の行方は?

 

キャストがよくわからないという方はこちらを!

半沢直樹のキャストとあらすじ!壇蜜と夏目三久は?

 

<3話のあらすじのネタバレ>

第二話の5000万円の投資物件について

半沢は報告が遅れた責任を追及された後に、

明後日に臨店があるということを

浅野支店長から半沢は伝えられるのです。

【Sponsored Link】


 

裁量臨店とは?

本部の抜き打ちテストのようなもので、

支店の融資が適切だったかどうかを

検討するために支店を訪れるということでした。

 

この裁量臨店には、

人事部の小木曽次長一派が参加しており、

半沢を追い詰めるという意図が含まれているのは

明らかでした。

 

一方、竹下と一緒に東田を追う半沢は、

小村武彦という東田のマンションの持ち主を

見つけ出すのでした。

 

小村は、東田の別れた嫁と縁があったそうなのです。

 

半沢は、小村に直接会うために、

小村のいる病院に向かいます。

 

絶対安静で病院に入院していた小村ですが、

運よく会うことに成功したのです。

 

そして、小村のことを

東田は1年前に面倒を見てくれたが、

財産目当てで逃げられてしまった、というのです。

 

そして、小村は小村建設の創業者を追われた経験から

人を信じられなくなっていたのでした。

 

一方、東田は、様々な手を回していることを

愛人のミキに伝えます。

 

そして、ミキの店についても

東田は少し触れるのでした。

 

半沢直樹は、

裁量臨店で見られてはまずい資料を

自宅に疎開と称して持ち込んでいきました。

 

本部では、大阪西支店にて行われる

裁量臨店について大和田常務の耳に入るのでした。

 

半沢を目の敵にする人間が多い中、

大和田常務は半沢が5億を回収し、

銀行への利益を上げることを期待しているようなのです。

 

また、「優秀な男が現れた」とも考えているようなのです。

 

そこで、大和田の部下が

裁量臨店を取りやめさせようかと促しますが、

大和田はあえて、

徹底的に裁量臨店をやらせ半沢がどう出るのかを見たい

と言うのでした。

 

裁量臨店前日、渡真利からの情報が入り、

渡真利も検査役として大阪西支店に行くことが

伝えられました。

 

裁量臨店初日

裁量臨店で検査される企業は

無作為に選ばれる企業のはずが

赤字企業ばかりが選ばれているというのです!

 

赤字企業への融資の正当性の説明を求められるのですが、

それを示す資料の不備

何度も突きつけられてしまうのです。

 

一方的な状況で半沢は融資課長として

責任を問われてしまうのでした。

 

東田を追う情報を得るために

半沢は何度も入院する小村の場所を訪れるのです。

 

しかし、小村の過去には、

不正献金をしたことを追及され

創業した会社を追い出されてしまったのです。

 

そして、それをリークしたのは、

メインバンクの銀行員だったということで

銀行員への恨みを持っているのです。

 

小村は

「お金があっても欲しいものは手に入らない

その一件以外、金以外のものを何もかもなくしてしまった。」

と言うのでした。

 

しかし、

小村が娘と写る孫との写真を持っていたのを

半沢は気づいたのでした。

 

半沢直樹が、病院を出たところを、

フリーライターの木杉(ダンカン)に

東田からの一件での負債額を追及されてしまいます。

 

しかし、半沢はマスコミの力を利用できないか?と

木杉に持ち掛けたのでした。

 

裁量臨店二日目

さらに資料の不備が明らかになり、

融資課長である半沢への責任がさらに増えてることになります。

 

そして、検査側から

弁明の一つもできないのか?と言われ、

半沢は

「お望み通り弁明をさせていただきます。」と

力強く言います。

 

融資課の7割は優良企業で

3割の業績悪化の企業でした。

 

ですから、

自分の運の悪さを悔やんでいるのです。

 

今回に選ばれた企業が

無作為に選ばれているのなら、

悪意を感じずにはいられない。

 

と、半沢は言い返すのでした。

 

しかし、この発言によって、

銀行員として適格かどうかの検討をする必要があるな

とさらに小木曽次長の反感を買ってしまうことになるのでした。

 

さらに、浅野支店長にも

「私に恥をかかせてくれたね、半沢君。」

「君には諦めているんだよ。」

君はもう終わりだ。」

とはっきりと言われてしまいます。

 

一方、半沢の妻の花は

支店長の妻に会うことになるのですが、

支店長自身の仕事への手がかりは全く得ることができませんでした。

 

裁量臨店最終日の前日、

あったはずの資料が抜けているという報告を

半沢は部下から複数受けていたのです。

 

しかし、中西は何かを隠しているようで、

その場を去ってしまうのでした。

 

そんな中西に半沢は翌日、

「自分の身は自分で守るよ。

何があったのかは笑い話として

すんだ後に聞かせてもらうよ。」と伝えるのでした。

 

裁量臨店最終検討会

序盤は、半沢の前日の態度が原因で、

押し込まれてしまうのです。

 

そして、最終日もそれまでと同じく、

半沢側の切り札になる資料が抜けていることを

検査側に指摘されてしまいます。

 

しかし、半沢とその部下たちは、

今朝あった資料が抜き取られている前に

記録を取っていたのでした!

 

なんと、

日付付きの朝刊と一緒の資料

写真に撮っておいたのです。

 

そして、半沢直樹は、

隠した資料を見つけるために、

検査役全員の鞄を開示することを求めるのでした。

 

すると、同期の渡真利

「いい加減にしないか、半沢」と立ち上がり、

「どこまで我々を疑うんだ!」と言い、

半沢に対して、鞄を開示するのです。

 

そして、本部の検査役全員に対して、

「潔白を証明するために見せてやりましょう。」

と促すのでした。

 

渡真利の機転もあり、

半沢らは検査役の鞄をあらためていきます。

 

すると、小木曽の側近である

灰田の鞄からは大阪の風俗情報誌が見つかります。

 

そして、小木曽次長の鞄からは

大阪西支店で消えていた資料が発見されたのです。

 

「どういうことか説明してもらおうじゃないですか、

小木曽!」と説明を求める半沢に、

「証拠を見せろ」と往生際が悪い小木曽。

半沢直樹 小木曽

そこで、中西が立ち上がり、

「証拠ならあります。」と

小木曽次長が資料を抜き取る現場を目撃していた

ことを報告するのです。

 

そして、小木曽は

「5億の融資事項の責任を取ってもらうことになる」

と中西を脅していたのでした。

 

しかし、中西は、

小木曽との会話を携帯電話で録音しており、

小木曽の逃げ場が絶たれたときに

半沢は

「あんた人事部のくせに人を見る目がなかったな」と

伝え、

「この三日間で私たちを罵ったことを謝罪してもらいましょう。」

「弁明の一つもできないのか情けない男だ」と

やり返すことに成功したのです。

 

一方、病院の小村には、

娘と孫が病院に会いにきていたのでした。

小村から娘との関係を絶っていたのですが、

父親に孫を連れて会いに来たのです。

 

そして、この面会は半沢がセッティングしたのでした。

 

そして、小村の家族を見つけ出したのは、

フリーライターの木杉で、

半沢は5億円の融資の失敗をリークしていたのでした。

 

なぜ半沢は5億円についての記事をリークしたのか?

半沢は先を見越して行動をしていたのでした。

 

また、小村からの手紙を娘から受け取っていた半沢は

東田の住所を手に入れており、

竹下がその場所で東田がいたことを突き止めていたのです。

 

さらに、竹下が写した写真には意外な人物

映り込んでいるのでした。

 

東田と浅野支店長がグルだという証拠写真も

竹下が撮影していたのでした。

半沢直樹 浅野支店長

 

以上が、第三話のネタバレになります。

 

半沢直樹3話の動画は?

動画が見たいというかたは、

こちらで見ることができます。

 

半沢直樹の3話の動画

 

動画が削除される前に

お楽しみください!

 

また、こちらが

半沢直樹の4話のネタバレと動画

です!


【Sponsored Link】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ